<< 不安を蹴り飛ばす! | main | とにかく勉強! >>

ニッケル使った燃料電池

久しぶりの青猿ニュースですね。

今回の気になるニュースは朝日ドットコムから。

ニッケル使った燃料電池開発 九大チーム コスト減期待

燃料電池とは水素と酸素を結びつけてそこから電気を発生させる装置のことです。
二酸化炭素を排出せず、効率のいい電池の一つです。

ところが、水素と酸素を結びつけるときの触媒に白金が使われていて、1グラム5000円と高価なもの。
例えば燃料電池車として車に載せるためには100グラムが必要だそうだ。

そこで九州大学の触媒を研究しているグループが、安価なニッケルを触媒に使った燃料電池を開発。
性能を高めれば白金を使う燃料電池に代わるものとして期待できるそうだ。
ちなみにニッケルは1グラム1.8円と白金の約2800分の1の値段。安っ。


こういうレアアースなどは取れる量が少ないため、どうしても値段が高くなってしまう。
レアアースを使った高性能なものを作る技術も発展する一方で、
ありふれた素材でそれに代わるものを作る技術も発展しなければならないですよね。